情けは人のためならず

看護師さんと言えば大変な職業という印象を持たれがちです。確かに人の命を預かる仕事なので、精神的にも肉体的にも負担は大きいと思います。しかし反面、色んな面で充実しているのも看護師さんなのではないかと思っています。「現場も知らないくせによく言う」と思われそうですが、友人に数名現役の看護師がいますので、その人たちの話を聞いていると大変なだけじゃないんだな、というのがよくわかります。
その中の1人の話ですが、既婚で子どもあり・年代的にもキャリア的にも中堅看護師という感じで、気遣いが非常に上手です。日々忙しくしていますが、現場では若手をまとめるリーダー・家庭では良き母として、毎日が充実しているそうです。精神的に非常に充実しているパターンだと思います。母親としての経験からか患者さんからの評判もいいらしく、細かい気配りのできる看護師さんとして上々のようです。
もう一人、後輩の看護師さんの話です。独身の明るい子ですが、この子の場合はプライベートが充実しているようです。毎日ガッツリ働いてたまにゴソッと休みを取り、海外を旅するのが趣味のようです。看護師をしていて良かったと思うことは「時差ボケをほとんどしない」ことらしいです。看護師さんは変則勤務なので、体が海外旅行に向いているのでしょう。
この通り、私が知る限りではありますが、全体的に充実している印象を受けます。もちろん、働く場所や家庭の環境によって、人それぞれだとは思います。仕事が大変な分、他の部分が充実する仕事なのかなと思います。人を助ける仕事なので、仕事へのやりがいも感じやすいでしょう。どの仕事でも言えることですが、充実した生活を送るには自分なりの考え方ややりがいも大切です。