子どもがいる人の求職のポイント

求人に応募する際、未就学や低学年の子どもがいる人は特に悩んでしまうことと思います。企業側も、子どもがいる場合はそこの部分をどうカバーできるのか・両立はできるのかということを気にするだろうし、面接の際には実際に聞かれることもあるでしょう。
また、求職活動をする時にも、子どもをどうするかということが問題になります。既に幼稚園に通っている場合は、延長保育(今は大抵の幼稚園がやっているようです)をフル活用しない手はありません。認可保育所も求職活動中といのは入所の要件になるのですが、既に働いている人や病気で育児ができない人などに比べると、優先度が低くなってしまうようです。そういう際は、無認可保育所を利用してみるのが早いかと思います。(無認可園に入っていた経歴があると、認可園に入所を希望した時優先度が高くなります。)
そして面接では子育て中であることを伝え、シフトや時間などの事をしっかり相談・確認することが大切です。もちろんそれによって敬遠されてしまい、不採用になってしまうケースも考えられますが、子育てに理解の無い職場で働いても負担が大きくなるだけで、長くは続きません。子育てに理解のある職場で働くことで仕事と家庭の両立がしやすくなります。両立ができなければ、自分だけでなく子どもにも影響がでてしまいます。仕事も大事ですが、子育ても大事です。
また、子どもを育てながらの仕事は、やはり突発的な欠勤(子どもの病気・行事など)が避けられないことも事実です。求職活動をする際には、家族・親族・その他サービスのサポートが受けられるよう、よく体制を整えておくことも大切でしょう。